学力の限界を自分で決めていませんか!?

学習の効率をいかに上げるかについては、

学校・塾、その他教育に関わる場でたくさん議論され

実践されてきました。あと何を加えれば差別化ができるか?

その答えがここにあります。

カウンセリング的アプローチ前頭葉の活性化による

客観性のアップは悩みを抱えた人だけのものではありません。

集中力向上や不安のコントロール等、学力アップにも大変有効なのです。

・自信をつける

・集中力アップ

・自発性、やる気の向上

・不安感の軽減・精神の安定

心理学・脳科学からのアプローチで、これらが飛躍的に伸びてきます。前頭葉を活性化し、

頭の中のセカンドペアレンツ

を自分の中に作り出す「池田メソッド。」

ぜひこの学力向上メソッドを取り入れてみませんか。

👉シェアケアの課題・問題解決コンテンツ「成績をのばす」のページも良ければご覧ください(クリック)