カウンセリングの手法

 “再決断療法”と“セルフ-リぺアレンティング”

“トラウマ”にはネガティブな感情が伴っています。

このネガティブな感情が、ポジティブな感情だったら、トラウマにはならなかったはずです。

日常生活で起こる悩みやトラブルは、“トラウマ”が原因と考えられることが多くあります。

再決断療法”はトラウマになった場面を再現し、“新たに決断しなおす”という心理療法です。

例えば、幼少期に何か失敗したことで、それを誰かに強く責められた時、「自分はダメな人間だ…。」と、ネガティブな感情で受けとり、脳にトラウマとしてインプットされた場合、強く責められている場面を再現し、誰か(セラピスト)に守ってもらったという体験をしてもらいます。

守ってもらったことでポジティブな感情へと変化(再決断)します。

トラウマがある古い脳には、“時間の概念”がないので、“再決断療法”を体験した時点で、過去の感情もポジティブなものに変わることができます。

脳科学的にみると、入ってきた刺激が“古い脳”内の効果的でないルート(図:安全でない時の回路図)に自動的に流れていたものを、“新しい脳”である「大脳新皮質」を通って問題解決に向かうルート(図:安全な時の回路図)を、新たに作り上げるプロセスが「再決断療法」と言えます。

セルフ-リぺアレンティング”は、自己再養育、“自分を再び育てなおす”心理療法です。

トラウマを負った年齢で心理的に止まっている自分(傷ついた小さな自分)を、成長した客観的な実年齢の自分が保護しながら、傷を癒し実年齢まで育てていくという考え方です。

今、何かがうまくいかない原因になっているのは、今の自分ではなく自分の中にいる傷ついた小さな自分であることを、分けて考えることが重要なのです。

“再決断療法”で作った効果的なルート(図:安全な時の回路図)を、効果的でないルート(図:安全でない時の回路図)に流れないように、より補強して自然に使えるようにするためにこの“セルフ-リぺアレンティング”を行います。