子どもを「たたかない」育児方法ってある?

動画本編を再生 👈クリック👈

chapter1 ・・・虐待の”こわさ”について

 ある心理セラピストはこのように言っているのです。
 「子どもを痛い目に遭わせてよいのは
 ”命を救うために手術をする”
 ”病気を治すために注射を撃つ”
 それ以外はすべて”虐待”である」
 子どもさんを叩くということも含めてです。


chapter2・・・「三つ子の魂百まで」意外と知られていないこの言葉の意味

 ”三歳までの親の対応の在り方が、その後のその子の人生全てに影響を及ぼす”
 小さければ小さい時の叩かれた経験ほどダメージが大きいのです。
 例え反抗期であっても叩いてはいけません。反抗は決して”親への攻撃”ではないからです。


chapter3・・・「防衛反応」子どもの頃の心の傷が人生に及ぼす影響はこんなに大きい

 幼少期の子どもが行なう「人生の決断」はこのようなシステムになっています。


chapter4・・・「叩いたらいけないと分かっているのに止められない」⇐驚きの理由

 親御さんが子を叩くときの心理 大人のパワーは子供の約40倍!


chapter5・・・ 虐待はこうすれば止められる!

 具体的な方法をご紹介します。→子育てに前頭葉を使う方法


chapter6・・・ 今まで子どもをたくさん叩いてきたけど…

 今からでも遅くないです。このようにしてあげればお子さんも良くなってきます。


chapter7 ・・・「子どもにとっての最高のしつけ」お話します

 叩く = しつけ  ではありません。
 叩く以外でこのような有効な子育て方法があるのをご存じですか?(具体的事例)
 親の愛 = 「待ってあげること」

この動画ご覧頂いた親御さんの子育ての悩みや疑問に
少しでも役に立てたら幸いです。

次の世代を担う子供たちに「幸せな人生」という
最高の宝物を渡してあげましょう(´▽`*)

※他の動画コンテンツを視聴するならコチラ👇👇👇
YouTube再生リスト「セラピスト池田登の心理学解説」
https://www.youtube.com/watch?v=KPlQuGu1Liw&list=PLoJCPTAEVtsvx1GSMHll_O-_8_qBGx2LO

この動画を再生