top1-1.jpg(2974 byte)
新刊・推薦図書 弊社刊行物の販売

--MENU--
TOP
新刊・推薦図書
講演会DVD/VIDEO


■ 心理を脳の動きで読み解きます!

【快−脳がつくり出した人生のストーリー−】
book5.jpg(4250 byte)

著者:池田 登
A5判 251頁
価格:2,000円(税込み)
2008年9月 株式会社 日本Share&Careより刊行

ご購入はこちらへ


「私と出逢うさんぽ道」
「トラウマにさよならする時」に続き、
セラピスト30周年の集大成が出来上がりました!

セラピー・カウンセリングの中で起こっている変化を
脳の発達や働きといった「脳科学」的に読み解きます。
きっといままでの「?」が「!」に変わるはず!?

あなたが踏み出せずにいたあと一歩を踏み出す後押しをしてくれる、
そんな本です。

あなたが踏み出せずにいたあと一歩を踏み出す後押しをしてくれる、そんな本です。
この本についてもう少し詳しく知りたいと思われた方は
コラムでこの本に込めたメッセージを公開しておりますので、ご覧ください。



【私と出逢うさんぽ道】
book-2.jpg(4250 byte)

監修:池田 登
A5判 198頁
価格:2,000円(税込み)
2001年4月 株式会社 日本Share&Careより刊行

ご購入はこちらへ

あなたはどんな性格ですか?
穏やか、短気、やさしい、心配性などいろいろあるでしょう。

普段何かに行き詰まった時、「こういう性格だから」、
「私の人生はこんなものだ」とあきらめていませんか?

それはあなたの意思で変えることができるのです。

「私と出逢うさんぽ道」は
TA理論と日本Share&Care協会の24年間のカウンセリング・セラピー実績を基に、
性格の仕組みや自分の性格を分析、そしてそれを変え自分をコントロールする方法、
実際に自分を変え人生をも変えた人の体験談などを盛り込んでいます。

子どもから大人まで分かるように、楽しいイラスト入り、
やさしい文章で書いています。

読むことで理論が分かりながら心が癒され、あたたかくなる、そんな一冊です。


【目次】

action.1


・性格とは何か? ・精神器官 ・トラウマのできるプロセス ・感情について
・人生脚本 ・基本となる考え方(TAの哲学)


action.2

・再決断 -禁止令- ・ストローク ・セルフリペアレンティング
・私が私の主役になるためには ・交流分析と脳の働き ・自己実現とは


【カスタマーレビュー】(一部抜粋)

■ 心が悲鳴をあげていました。ずっと、底辺をさまよい続けていました。
何冊か心理学書を読みあさり、この本と出会った時、
やっとこれで明るい方へ進んでゆけると思いました。
私が探し求めていたものが、この一冊には詰めこまれていました。
現在を生きるには過去の自分へ出会い直す、
そしてそこからもう一度始め直す、不可能ではないのです。
ぜひあなたも自分探しをしてみませんか?素敵な時間を過ごしませんか?
「今からでも遅くない,やってみよう」そう思わせてくれたのがこの一冊でした。
(30代女性・会社員)

■本の題名にひかれて読んでみたのですが、分かりやすい例がたくさんあってとても読みやすかったです。
一気に読んでしまいました。
何だか温かい気持ちに包まれて良い気分になれてよかったです。
(40代男性)

【トラウマにさよならする時】
■ 増刷決定!
book3.jpg(5064 byte)
監修: 池田 登
価格: 1,365円(税込み)
2003年文芸社発行

ご購入はこちらへ

・・・これは私のことを書かれたのですか?

このチェックリストを見て、多くの方からこの言葉が返ってきます。

「性格は生まれつきのもので変わらない。」
「運命だから変えられない。」
多くの方がそう思い込んでいます。

著者は25年間の臨床経験から、自分の意志があれば性格は変えられるもので、
性格を変えて運命を変えていかれた方々をみてこの本を書きました。

変わりたいのに変われない...。

その原因から解決法までを紹介しています。

■ 電子書籍アップのお知らせ

文芸社出版専用サイトamazon にて掲載、販売いたしております。
book4.jpg(1202 byte)

ただいま、書籍「トラウマにさよならする時」が書店にて品薄状態のため
皆様にはご迷惑をおかけしております。

このたび、電子書籍をアップいたしましたので、お気軽にご利用ください。


■ セラピスト池田オススメ!!

【桜、鳴り響く】
kuwanobookm.jpg(5064 byte)
著者: 桑野 量
価格: 1,000円(税込み)
2008年市井社発行

お求めの方は各書店までお問い合わせください。

自分の感情的な思いを相手に伝えることは難しい。
それは家族や友達の間でもそうかもしれない。

相手に届ける事ができなかった思い。
伝える事をやめてしまった思い。
受け止める事ができなかった思い。

僕は、その思いを橋渡ししようと思った。

【カスタマーレビュー】(一部抜粋)

■自分が言葉に出来なかったことを、言葉にしてくれてありがとう。

■「死にたい」は「幸せになりたい」って叫んでいる…の言葉にズキンときた。

■読んだだけで何だか幸せな気持ちになれた。

*このページのトップへ

TOPページに戻る